泣いてた彼女は突然叫んだ。「あいつをこの手でころしてやるわ!」
三歩半で店から飛び出した。
ドアについたベルがけたたましく跳ねる。
「…あんな暗い男のどこがいいのかね。」
そういう僕にバーテンはどっちつかずの笑みを浮かべる。

そうして彼女もまた、Rainを追って。












Copyright (C) Isa, All rights reserved.



















inserted by FC2 system